オーシャングループ 代表 黒田泰 ブログ
  • bnr_network.jpg
  • bnr_network.jpg

2009年12月23日

赤坂見附にて・・・

バタバタしていたら、もう年の瀬ですね。

今回は、先日体験してきた貴重な経験をちょっと
ご紹介したいと思います。

そう・・・ 実はかなり貴重な体験で、ひょっとすると
二度と無い体験かもしれません。
私がお邪魔してきたのは、ここです ↓

syugi.PNG

といっても、暗くて分からないですよね。
私がお邪魔してきたのは、衆議院議長公邸なのです。

先日、国会議員の横路先生の衆議院議長就任を
祝う会に、参加してきました。

yokomichi.PNG

およそ50名ほどが、ご招待されていましたが、
いずれも名立たる方々ばかりでした。

誰でも知っている日本のトップ企業の受け持っている
某監査法人のパートナー様、100店舗を超える小売業の
経営者様、”お値段以上”のキャッチコピーで一躍有名
となった家具屋の社長様、傷ものの高級食材をコピーに
通販のヒット商品を作った海産物の通販会社の社長様
など、、、

本当にすごいメンバーで、名刺交換をしながら、
この会を主催している佐藤代表の人脈の広さに
まさに脱帽でした。

この参加者の方と情報交換をして気がついた事、
それは私自身が見ている世界やマーケティング、
思考回路がいかに狭くて、所詮ひとりの人間のもの
であるか、という事です。
そして、本気でビジネスの社会で生きている経営者の
仕事感、経営判断や視点、そしてそうした価値観を
形成している彼らのビジネスの背景。 
・・・こうした情報が頭を駆け巡るうちに様々なビジネス
の形や、普段は考えもしないアイディアが沸々と湧き
上がってくるのです。

やはり、常にOPENマインド。そして、常に新しい経験に
触れることがむちゃくちゃ重要ですね。

どうしても、人間は新しい経験をしなかったり、新しい
価値観を受け入れられなくなると、大抵の人が過去の
話を引き出して、その経験やその実績の話に終始して
しまう。 ・・・昔はこうだった、ああだったと。

自分自身を振り返って、恥ずかしい限りです。


素晴らしい方々と出会えて、ちっぽけな自分を再確認
できました。私にとっては間違いなく場違いでしたが、
本当に素敵な時間になりました。

来年はもっと、新しい体験が出来る場所や、出会いに
積極的にならなくてはいけませんね。


ありがとうございました。
 ↓最後に、ワンクリックいただけると有難いです。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ         
posted by 行政書士,司法書士,マーケティングコンサルタント 黒田泰 at 04:32 | 毎日がイキイキワクワク! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月06日

WEBマーケティングセミナーから

semi01.PNG

11月末のWEBマーケティングセミナーは、非常に
うれしい事に9割以上の方から、大変満足の評価を
いただいて開催することが出来ました。

今回のセミナーでのポイントは、大きく下記の5点に
あったと思います。

1.商圏別のホームページの活用方法
2.事務所規模別のホームページの活用方法
3.会社設立の獲得方法
 ※事例は月に10件獲得の事例
4.相続手続マーケットの開拓方法
 ※事例は手続きで月商350万超の事例
5.行政書士業務(許認可等)の獲得方法
 ※事例は行政書士業務で月商160万の事例



今回のセミナーのご案内でも、お伝えさせていただいて
おりますが、我々の業界で本当にホームページを活用
出来ている事務所は、おそらく1〜2%程度に過ぎない
状況があります。

つまり、本気でノウハウを学んでいただく事で、まだまだ
これからインターネット経由での受注を拡大することが
可能なのです。

今回のセミナーでは、私にとって非常にうれしい話も
ありました。

もう2年ちかく前になる、前回のWEBマーケティング
セミナーにご参加いただいた方が、まだご参加して
いただいており、こんな話をしてくれました。

「前回、参加したときは黒田さんにご相談させていた
だいた通りで、1ヶ月に1本の電話が鳴るかどうかの
状況だったのですが、
お陰さまで今はネット経由で
100万ちかい売上につながっています
。今回は、
また色々と学びたいのと、どうしてもお礼が言いた
かったので、参加させていただきました・・・ 」

とのこと。

う〜ん。。。私も本気でインプットしていただいて、
成果につながったという話をしてもらえると、本当に
うれしい限りです。
また、私のコンサルを受けたわけではなく、セミナーと
セミナー後の個別相談の内容だけで、実際に月商
100万までの数字を作り出した、この先生の努力に
正直、すばらしい! と感心してしまいました。

やっぱりノウハウをどのように捉えて、どのように
活用するか、なのでしょう。

こうやって情報発信をしていても、マーケティングに
興味が無かったり、あまりに情報に疎い場合、ウソ
くさいなぁ・・・と思ってしまう方もいらっしゃるかも
しれません。

そこは残念ながら、私もフォローが難しいですね。。。
しかしながら、まだまだ前向きに勉強して、成果に
つなげたいと思われる方は、今回のセミナーは商品の
販売がありますので、下記のご案内から内容を確認
して、FAXまたはメールにてお問合せをいただけたら
と思います。

2009年最終版!
イキイキワクワク!WEBマーケティング活用!
業績アップ事例公開セミナー


データはこちらから → セミナーDM.pdf データ
※セミナー自体は終了しております。
 商品希望のみ受付させていただきます。

 こちらからお問合わせ下さい
お問合わせはこちらから

最新の情報を仕入れいない方にとっては、ひょっと
したら、ビックリ事例の連発に戸惑うかもしれません。
しかし、今回のセミナーもなるべく難しい表現は避けて
分かりやすく解説させていただいたつもりです。

ぜひ、参考にしてみてください。

ありがとうございました。
 ↓最後に、ワンクリックいただけると有難いです。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ    

あとがき・・・
セミナーでも話をさせていただきましたが、およそ
2年前では、テキスト広告の「相続」のキーワードの
CPC(平均単価)が80円だったのに対して、現在
の都内での状況は350〜400円くらい掛かってしまう
ような状況があります。
そうです。4〜5倍も値上がりしているのです。
1年でも、最新情報に触れていないと、あっという間
に時代遅れになってしまうのが、このWEBマーケティ
ングの世界です。
ときどき、3年も5年も前のWEBマーケティングの話を
されている先生もいらっしゃいますが、過去の話は
しない方が良いかもしれません。
あの頃は、こうだったという話をしても、前向きな議論
にはなりません。是非とも、現実に触れてみて正しい
判断をしてほしいものです。
 

posted by 行政書士,司法書士,マーケティングコンサルタント 黒田泰 at 01:34 | 毎日がイキイキワクワク! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月24日

香港士業クリニック報告!


さて、今回はWEBマーケティング特集をいったん休憩
して、遅ればせながら、香港クリニックのご報告を
させていただきたいと思います。

今回は、北海道のSATOグループ様と合同で3泊4日
での実施でした。訪問先とご公演いただいたのは、
下記のとおりです。

プライスウォーターハウスクーパース(PWC)
UBS銀行(旧スイス銀行)
インタートラストローファーム
T&MORRIS ビザプラスコンサルティング
スタッフマネジメント コンサルタンス


hongkong island.PNG
※フェリーから撮影した香港島

今回の目玉は、日本でいうところの国家資格による
独占業務が無い香港での士業ビジネスの状況と
そのサービス、経営形態をみるところにありました。

実際に、行政書士のような仕事をされている会社の
方に、業務内容を聞くと、ビザ(在留資格)の代行や
会社設立などの業務をされていたので、非常に興味
深い話を聞くことが出来ました。

たとえば、香港では会社設立の代行費用が日本円
にして50万円ちかいとか、中国から特別区である
香港に入ってくる方のビザ申請代行を中国語で
中国国内で見えるサイトを作って告知して、個人客
からのオーダーを獲得しているとか・・・ 
面白い内容の話であふれていました。

この会社の前に、PWCの香港法人の方から、日本で
いう業務独占が無いので、すべてを扱っているという
話を聞いていたので、少々不安に感じてしまう点も
ありましたが、実際に、行政書士のような仕事を
されている現地の方の話をお伺いすると、その不安は
消え、非常に前向きな気持ちになれました。

・・・というのも、実際には業務内容や対象顧客に
よって経営形態やソリューションが異なっているため、
PWCさんと、10名規模の行政書士の会社は完全に
住み分けが出来ている事に気づいたからです。

つまり、国家資格者の独占業務が外されても、
大手企業にすべて塗りつぶされてしまうかというと、
そうではないという事が分かりました。

しかし、こんな話も聞くことが出来ました。

日本では、資格業にお客様が寄ってくるような側面も
ありますが、香港ではどうなのでしょうか?と質問
してみると、公演していただいた会社の代表は、
キッパリと答えてくれました。

「何もしないで、仕事がやってくるなんて事は、まず
あり得ません。私の仕事は、日本でいう行政書士の
仕事かもしれませんが、一企業にしか過ぎません
ので、しっかりとした会社経営と、顧客に求められる
サービスの質、それを提供する優秀な人材の育成、
そして当然ながら顧客にサービスを知ってもらうための
マーケティング活動や販促活動が必要になります。」

との事です。
まぁ、当たり前の話といえば、当たり前なのかも
しれませんね。

hongkong02.JPG
※夜の香港島を背景に集合写真

少しずつ、日本の士業界も香港のような業界に
近づいているように思います。

PWCの方や、インタートラストローファームの方は
日本以外は、独占業務が無いのに日本にだけ、
そうした縛りがあるので、非常にやりづらいと話を
されていましたが、今後は国際社会からも日本の
業務独占のシステムを撤廃する要求が入って来る
時代がやってくるかもしれません。

実際に、上場企業を対象に在留資格の要件を軽く
して一般の派遣会社でも扱えるようになるのでは?
といった話が現実味を帯びてきているようです。

国内でも、税理士が嫌がって手を出していなかった
中小・零細企業の記帳会計を積極的に獲得する
アウトソーシング会社が現れ、行政書士が地域の
会社からの月次でもらえる仕事も減ってきている
状況もあります。

ここ1〜2年の業界動向は、目を離すことが出来ま
せんね。これは、法律と一緒です。知らなかった
では済まされないんです。

しっかりとアンテナを張って、事務所経営の最適化
を追求していかなくてはいけませんね。


ありがとうございました。
 ↓最後に、ワンクリックいただけると有難いです。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ      

あとがき・・・

下は、UBS銀行が入っているインターナショナル
フィナンシャルセンタービル。88階の超高層ビルです。
ここに入っているUBS銀行で口座を開設するにも、
日本円で5億円ちかい資産が必要なようです。
ビルもすごいですが、このUBS銀行(旧スイス銀行)
と契約している方はどんな方なのでしょう。。。
まさに、007の世界ですね。
ubs4.JPG

posted by 行政書士,司法書士,マーケティングコンサルタント 黒田泰 at 18:24 | 毎日がイキイキワクワク! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月03日

オーバーチュアの解散とWEB広告

10月1日付けで、ヤフーは100%子会社である
オーバーチュアを吸収合併し、オーバーチュアは
解散する
ことになったそうです。

これは、アメリカのヤフーが米オーバーチュアを
買収した事に伴っての措置のようですが、今後も
成長が見込まれるのでヤフーブランドで、今後は
オーバーチュアサービスを提供していくとのことです。

1000億ちかい年商を誇り、検索連動型広告の
最大手であるオーバーチュア社が吸収・合併された
わりには、あまりニュースになっていませんが、

今後の動向には注目ですね。


最近、グーグルの検索連動型広告のアドワーズの
方も、管理画面の変更が続き、オーバーチュアよりに
なってきているように思いますが、こうしたWEB広告の
動向と今後の流れには、着目していかなくては
いけませんね。
 
最近のWEB広告は、かなり難易度が高くなってきて
いるように思います。

これは、オーバーチュアとアドワーズという2つの広告を
取ってみても、
エリア設定の違い、単価の違い、利用
している顧客層の違い、所得指数やネットの
リテラシーに関する違い
にそれぞれ上げていっても、
非常に注意が必要な部分です。

これに分野・テーマや業種などの軸が加わると、
本当に手に負えないややこしさです。



特に、今年から来年にかけて今後着目する必要がある
のは、2点であると思います。

1つが地方のWEBマーケティングです。これまでは、
地方ではそこまでネットで検索される事が無かった為か、
オーバーチュアのクリックも思うように伸びませんでした。
しかし、今年に入って感じるのは、人口100万以下の県
であっても、この1年でも昨年の倍以上のクリックが増えて
いるエリアがあります。
今後は、ますます地方でもインターネットを活用した
マーケティングが重要となってくると思います。

もうひとつは、都市部におけるアドワーズの活用にあると
思います。実際に、検索結果も上位に分かりやすく表示
されるようになってきていますし、広告(インプレッション・
クリック数)も動きが活発になってきていますので、
要注意です。

特に東京や大阪を中心とする都市部では、地域を絞って
広告を出せる点では、非常に有効ですし、そもそも個人
向けにマーケティングを展開しているものの立地が
ビジネス立地などで、対象顧客とマッチしていない場合
などは、オーバーチュアでは非常に効率の悪い
マーケティングになってしまいます。

是非とも、研究してみてください。

ありがとうございました。
 ↓ 最後に、ワンクリックいただけると有難いです。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ     

あとがき・・・

現在、11月の後半でWEBマーケティングに特化した
マーケティングセミナーの企画を練り込んでいます。
今年も、多くの事例が出ていますので、前向きに
情報をインプットして事務所の集客アップに活用したい
方は是非とも注目ください。

posted by 行政書士,司法書士,マーケティングコンサルタント 黒田泰 at 15:12 | 毎日がイキイキワクワク! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月13日

電話を鳴らす導線を引こう!

さて、今回はシンプルながらも、非常に重要な
WEBマーケティングの基礎について書いて
いきたいと思います。

それは・・・

電話を鳴らす導線を引こう! です。


著書の中でもホームページ経由で仕事を取る
アプローチについて書いておりますが、意外にも
知られていない?のが、この”電話を鳴らす”ために
何をしたらよいかという事です。

これは、突き詰めていくと非常にシンプルなの
ですが、意外にも軽んじられている方が多いのが
実情です。

ポイントを5つ上げるとすると下記のような点です。

@.電話番号を分かりやすい場所に書く
A.メールの問合せフォーマットをなるべく見せない
B.低コストなので、なるべくフリーダイヤルを導入する
C.電話する相手の心理的な不安を取り除く
D.電話した後の工程を明確に見せる

それでは、簡単に説明していきますね。


@は、なるべくサイトの最上段に配置して、サイトの
どのページであっても、電話番号が見える状態にして
おくことです。

Aは、分野によって若干のズレはあるものの、
行政書士が付き合う中小企業の経営者の場合、
電話とメールフォーマットを併記しておくと、
8〜9割の方が電話してくる傾向があります。
つまり、1〜2割しかメールで問い合わせて来ない
のです。ですから、メールフォーマットに導線を
引いている方が多いのですが、実際には大半の
お客様を逃しているのが、実情なんです。
もったいないですねっ!という事で、しっかりと
電話につなげましょう!

Bは、ネット経由で仕事をもらおうと思ったら必須
ですね。掛かる経費以上に、メリットが大きいと
断言できます。
フリーダイヤルは、電話代が掛からないから
お客様が掛けやすいだけでしょ?と思っている方が
いらっしゃいますが、ちょっと視点が違います。
フリーダイヤルの番号を見ると、お客様は
「電話しても良いんだ」
と一目で分かる事が本当のメリットです。反対に、
フリーダイヤルでなければ、電話して良いんだろう
か?迷惑じゃないか?と電話をためらう人もいる
という事です。

Cは、やる事がたくさんありますので絶対に必要な
事だけ挙げていきますと、ズバリ写真を載せる事
です。所員の集合写真だけでも良いですし、お客様
対応する所員の写真を載せる事もポイントです。
どういう事務所であるか、分からなければ、相手も
電話する事が怖いからです。
また、載せるのであればポイントは、スマイル!
そう笑顔です。証明写真のように、怖い顔で写って
いたらもったいないですよね。お客様に安心して
電話してもらう事が大事なのです。

Dは、ちょっと難易度が高いですね。
人間は誰でも、イメージ出来ない事に取り組む事は
怖いものですよね。こう思うと、電話したら、次に
どんな対応をしてくれるのか
、いつ費用を払うのか、
など先が見えないと問合せがしづらいですよね。
この点では、お問合せの後に、どのようなプロセス
で、サービスが提供されるのかを見せてあげると、
お客様からの問合せが増えていくものなのです。


電話を鳴らす、という事はシンプルながら、
しっかりと明確な対策をしていく必要があります。

もし、電話が鳴らないのであれば、お客様にとって
電話しづらいサイトであると考えた方が良いでしょう。
また、メールでしか問合せが来ていないのであれば、
電話での導線を引く事によって、現在の3倍も5倍も
電話が鳴る可能性があるとも言えるでしょう。

是非是非、研究してみて下さい。


ありがとうございました。
 ↓ 最後に、ワンクリックいただけると有難いです。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ    


最後に・・・

時々、私のご支援先から、うちのサイトを丸々パクって
いる事務所があるんだけど・・・ という話を聞きます。
確かに、写真と文面をまるまる使っているものなどが
ありますが、最低限のマナーとして考えて欲しいと
思います。
モデルのサイトからポイントを学んで、そのポイントを
自分のサイトにカスタマイズしていく事は良いと思い
ますが、やってはいけない事はありますよね。

お互いに、気持ちの良いアプローチをしていきたい
ですね。

posted by 行政書士,司法書士,マーケティングコンサルタント 黒田泰 at 12:09 | 毎日がイキイキワクワク! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月06日

WEBマーケティング

士業界のWEBマーケティングは、ここ数年で
かなり進んできていると思います。

私自身、経営コンサルタントという職種がら、
これまで様々な業界のWEBマーケティングに
取り組んできました。
ECサイトを作って楽天市場のお肉のジャンルで
MVPを獲得したり、BtoBのポータルサイトで
新規チャネルを開拓したりと、過去の実績を語る
とそこそこあるのですが・・・

そんなわたしでも、う〜ん。難しいなぁ・・・ 
と感じる機会が増えています。


もう単純にサイトを作ったら、仕事が来る時代では
なくなって来ていますね

ネット上では、かなりのサイトが乱立している時代に
なって来ています。


しかしながら、ポイントを押さえてマーケティング
行う中で、ある程度確かな成果につなげる
アプローチがある事は間違いありません。


10日程前に、私がスポットでご支援している先生の
会社設立専門サイトが、非常に競合激しいエリアで
オープンしましたが、状況をお伺いしたところ、
既に3件問合せがあって、うち2件は会社設立
受注したとの事です。。。
そして、もう1件もこれから面談するそうです。
この先生が営業力がある事もありますが、
1週間そこそこで、素晴らしいスタートを切っています。

実は・・・
このエリアは、「○○(地域) 会社設立」と検索すると、
検索結果に5ページ目にも、8ページ目にも会社設立
の専門サイトがビッシリと出てくる程、指折りの競合の
激しいエリアなのです。


これほど、競争が激化してくると、ホームページを
作っても意味がないよ・・・ と思っている方が多いかも
しれませんが、実際には今回の先生のように、キッチリと
マーケティングの設計をしていく事で、なんとかクリアする
事が出来るものです。

もちろん、上記のように極端に競合の激しいエリアを
除けば、もう少し集客しやすくなります。


そんなWEBマーケティングのポイントは、知られている
ようで実は知られていませんし、私が講演などで、
ここがポイントなんです!と強くお伝えしても、実行されて
いる方が少ないように思います。

・・・という事で、しばらくWEBマーケティングにおける
ポイントをブログでいくつか書いていきたいと思います。


週の半分は、九州エリアや関西エリア、東海エリア、
東北エリアなど・・・ バタバタと全国の士業事務所を
回っている寅さんのような生活をしていますが、
少しずつ書いていきますので、休憩がてらお読み
いただけたら幸いです。


 ↓ 最後に、ワンクリックいただけると有難いです。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ   

<お知らせ>
まだ正式な決定ではありませんが、11月の中旬から
下旬にかけて、今年最後の公開セミナーを開催させて
いただく予定です。

さらなる業績アップに向けて、前向きにアクションを
起こしたい方、いい加減ホームページを作らなければ
と考えられている方、新規分野に着手したいと考えて
おられる方は、是非とも今後ともお付き合い下さい。

このブログにも、前回のセミナー同様に、セミナーの
ご案内をPDF形式で掲載していく予定です。
どうぞ、ご期待ください。


※詳細のご案内は、10月中旬までには本ブログにて
 PDFにて掲載致しますので、そちらでご確認いただき
 ますようお願い致します。

posted by 行政書士,司法書士,マーケティングコンサルタント 黒田泰 at 17:31 | 毎日がイキイキワクワク! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月23日

京都府行政書士会で講演!

昨日は、京都府行政書士会第5支部主催
研修会で講演をして来ました。

色々と段取りをしていただいた宮西先生はじめ、
会の担当者様のお陰で非常に気持ち良く話を
させていただく機会をいただきました。

本当に色々とありがとうございました。


普段、こうした機会で話をする事はないのですが、
私の書籍を持って名刺交換に来ていただける先生が
何名もいらっしゃって、本当に感激しました。
ありがとうございます。

昨年度の神戸支部での講演に続いて、今回のように
書士会で講演をする機会をいただく事は、私に出来る
行政書士業界への貢献ではないかと思っております。

…というのも、私が今の立場で皆さんのお役に立てる
のも、多くの行政書士の先生のお陰だからです。
多くの先生と情報交換させていただき、また日本を
代表するような大先生がたに、日々勉強させてもらって
いるからこそ、その情報を整理整頓して皆様にお伝え
することが出来ているのが現状です。
そう思うと、自分のビジネスの事だけを考えて、
ひとり占めにしては罰当たりですよね!


ですから、多くの先生が、より良い事務所経営ができる
ように、経営のポイントを分かりやすく情報発信して
いきたいと考えています。


また、昨日も少し話が出たのですが・・・

マーケティングの活用が士業界でも求められている反面、
まったくマーケティングを行っていない事務所との
格差が広がってしまい、問題が出て来ているようです。
それは、マーケティングができる事務所が極端に仕事を
より好みしてしまったり、また誇大広告で書士会の方に
クレームが回って来ていたり・・・と、様々のようです。


かといって、事務所経営やマーケティングに疎いのも、
常に成長を続けるビジネス社会で仕事をしていく上でも、
顧客に対して良質のサービスを提供していく観点からも、
まったく良い話ではありません・・・
また、一部のそうした極端な事務所を見て顧客のニーズ
とは逆行するような過度な対応をするのも、どうなの
でしょう。
少し市場経済の方向性とはズレてしまいますね・・・。
しかし、このバランスをどのように図れば良いので
しょうか。難しい問題ですね。

私自身、事務所経営やマーケティングに加えて
あるべき士業事務所のあり方、経営理念も含めて
正しい方向づけを提案していかなくてはいけないと、
感じるところがありました。

また、そうした啓蒙活動の一端を担うのも、我々の
ような一部上場企業として高いコンプライアンス
求められるマーケティング会社の役割なのでしょう。

イキイキワクワク! ・・・に加えて、正しい方向づけ!
本当に勉強になりました。ありがとうございます。

 ↓ 最後に、ワンクリックいただけると有難いです。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ   

<お知らせ>
各単位会、各支部の研修担当者さま、ご講演の
機会がいただけましたら、交通費と若干の日当で
研修会等の講師を担当させていただきます。
ご興味がある方は、お気軽にお問合せください。

もし決まっている場合、下記のような情報もご記載
いただけると助かります。

 所属: 所属会とお名前
 ご連絡先: 普段連絡が着くご連絡先
 日程: 具体的な日付または、何月頃か
 時間: 何時間で、何時から何時か
 テーマ: 決まっている場合のみ

 ▼お問合わせは、こちらからどうぞ
gbtoi02.PNG

posted by 行政書士,司法書士,マーケティングコンサルタント 黒田泰 at 23:17 | 毎日がイキイキワクワク! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月24日

LECさんの取材

昨日は、LECの水道橋校に行き、インタビューを受けて
きました。

内容は、行政書士の可能性について、行政書士講座の
パンフレットにて語ってもらいたいとの内容でしたが、
熱く語ってきました。

lec0723.PNG

インタビュアー:
行政書士で食っていけない・・・ という声もありますが、
実際に多くの行政書士事務所を見ている黒田さんから
みてどうでしょうか?


黒田:
そんな事は一切ありません!
私の勉強会には、年商1,000万の先生も5,000万の
先生も、7,000万の先生も、いらっしゃいます。
そのほとんどが、開業して10年未満です。

もちろん、弁護士でも、司法書士でも、何もしなかったら
仕事が来なくて年収500万を切るような方が、出てきて
いる時代ですから、行政書士であっても、資格を取った
だけで、ぼーっとしていては食っていけません。

しっかりと、事務所経営を考えた営業とマーケティング、
マネジメントを実践していただく事で、開業1年目であっても
年商1,000万(ほぼ年収1,000万)を突破することが
可能です!

独立開業しても、1年目で経営者の収入が1,000万を
超えるような商売は、現実的にはほとんどありません。
売上は上がっても、経営者はギリギリの収入であった
りする場合もあります。
この点から見ると、開業1年目で、年収1,000万にたどり
着ける数少ない商売のうちのひとつが、行政書士なのです。

士業界の方は、99%ご存知ありませんが、我々のように
あらゆる業種業界を見ている経営コンサルティング業から
見ると、開業して即収入が見込める超・有望な職業なの
です。

そのほか、うんぬんと、熱く語ってしまいました。


これは、いずれ表舞台に出てくるようですので、
ご期待下さい。

感謝。
 ↓ 最後に、ワンクリックいただけると有難いです。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ  
posted by 行政書士,司法書士,マーケティングコンサルタント 黒田泰 at 14:07 | 毎日がイキイキワクワク! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月18日

石川遼くん!頑張ってますね!

しばらくブログをお休みしていましたが、
今日から復活です。


昨日の夜は、ゴルフに見入ってしまいました。
(正直、ゴルフはまったく分かりませんが)


石川遼。彼は17歳なのに、やってくれますね!

テレビを見ていると、私と同じ9月17日生まれ
との事です。
誕生日が、一緒と聞くだけですごい親近感ですね。


さぁ、今日も頑張っていきましょう!

感謝。
 ↓ 最後に、ワンクリックいただけると有難いです。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
posted by 行政書士,司法書士,マーケティングコンサルタント 黒田泰 at 14:52 | 毎日がイキイキワクワク! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月26日

船井流のクリニック!

先日、船井総研の社内にて、経営コンサルタント以上の
職位のメンバーが参加するクリニックがありました。

通常、お客様のところに訪問してコンサルティングして
いるのでめったに揃わないのですが、バス3台の110名
を超えるメンバーでクリニックに行ってきました。

訪問先は、関東のとある県で、イオンのショッピングモール
に、ディスカウントストア、それから中古車販売と車検の
FCの業態を見てきました。

06210.PNG

イオンモールでは、撮影の許可をもらってのものでは
なかったので、一般のお客として見て回りましたが、
最新の小売業の現状を改めて再確認しました。

私も4〜5年前は、居酒屋さんやお菓子屋さんのコンサル
ティング先も数件あったものですから、売り場の作り方、
お客様の導線の引き方、什器(棚)ごとの商品の品揃え、
それからプライシング、そのポップの作り方、なるほど
納得のものが多く見受けられました。

小売業のマーケティングは、今となっては専門では
ありませんが、坪効率から品揃え、商品回転率、単価、
客層を組み合わせるマーケティングは、非常に難易度の
高いものです。
船井総研は、船井幸雄が小売業のコンサルティングを
開始したところから始まっていますので、まさに原点を
再確認する思いでした。


06212.PNG

これは、都内にある車検のFCで、トップクラスの成績を
上げる中古車販売と車輌整備の業務をしている店舗に
お伺いしてきました。
ここの担当者の方の話を聞くと、何でも1日30台前後
車検をしており、年間で8000台の車検を受けているとの
ことでした。

ここでは、面白い話も聞くことが出来ました。

何でも、通常は一人の整備工が、車検の点検をし、
それが終わると整備工が点検した自動車に乗って陸運局
に持っていくそうです。

しかし、1人の整備工がすべてを担当するやり方では、
業務の標準化が出来ないばかりか、担当する件数も
少なく、また効率も悪いそうです。

それに対して、この会社では業務プロセスを明確に
分けて、分業化を実現し、誰でも出来るような陸運局への
車体の運搬については、シルバー人材の方に担当して
もらっているそうです。
こうした取組を通じて、しっかりと事業計画に基づいた
一定の利益を出す体制を構築しているようです。

また、下記の写真にあるように、お客様のお見送りには
「感謝しています」との旗を持って、お客様が見えなくなる
まで、きっちりとお見送りをしていました。
こうしたパフォーマンスに限らず、明るく元気な接客が驚く
ほどに徹底しており、経営者の教育と経営方針の徹底ぶり
に、心から素晴らしい!!と感じました。

06211.PNG

我々、行政書士の業界もメイン業務が代行業務ですから、
生産性の向上に向けては、すべて自分でやろうという
モデルからの脱却が、間違いない答えであると思います。

しかしながら、これはけっこう難しいことも分かっています。

現状では、弁護士や司法書士が債務整理を分業体制で
処理しており、ここでは人件費率が20%前後ですし、
利益として60%以上も利益が残る体制が確立できます。

ここ最近、黒田が「相続、そうぞく!」と繰り返し、連呼して
いるのも、相続手続も分業体制で処理が出来て、債務整理
とまでいかなくても利益が40〜50%の利益が残せる体制
を作る事が出来るからです。


これに対して、我々のメイン分野の許認可はどうでしょうか。
分業するだけの同じ案件を集める事、また大量な件数を
もとに分業をはかること、プロセスごとに担当者を分ける
こと、こうしたひとつひとつに難しさがあります。

これを圧倒的に上手にやっているところは、私の知って
いる限りでは、SATO行政書士法人の建設業許可の
部門ではないかと思います
。ここでは完全なる役割分担を
もとに、高品質なサービスが実現されています。
・・・しかしながら、相続分野の業務に比べたら残る利益は、
その半分か、それよりも少ないか、という状況であると
思います。
もちろん、継続率が高いことは間違いありませんが


私自身としても、許認可に付加価値を付ける提案は
非常に得意なのですが、高効率で回す体制を作ることに
ついては、今のところノウハウがありません。
(正直に・・・出来ないことは出来ないですね)

しかし、行政書士の業界の活性化を考える場合、
ここから目をそむける訳にはいきません。

もし、個人で許認可をしている先生がいらっしゃったら、
自分がひたすらすべてをやって月80万前後をもらう
体制から、自分の給料が60万になったとしても、人材を
採用して自分自身の生産性や自分自身の付加価値を
高める動きにチャレンジしてみてください。


なんだか、長くなってしまいましたが、異業種をもとに
事務所経営を考えることも非常に重要だと思います。

たまには、気分転換も兼ねて、ぶらっと異業種をみては
いかがでしょうか。


感謝。
 ↓ 最後に、ワンクリックいただけると有難いです。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
YahooブックマークこのエントリをLivedoor クリップに追加このエントリーをはてなブックマークするPingKing

今週末は、6月度の行政書士経営勉強会です。
最近は、年商3,000万、4,000万を超えるような事務所
さまも多くご参加いただいているほか、個人の先生で
あってもマーケティングの成果をご報告いただいており
ます。
業界をリードするような事務所が多く出てきて、それを
お手本に業界全体の商品・サービスのレベルが上がる、
そんな会にしていきたいと思っています。
posted by 行政書士,司法書士,マーケティングコンサルタント 黒田泰 at 12:07 | 毎日がイキイキワクワク! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ ←ランキングにご参加お願いします  人気ブログランキングへ ←ランキングにご参加お願いします
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。