オーシャングループ 代表 黒田泰 ブログ
  • bnr_network.jpg
  • bnr_network.jpg

2012年02月06日

相続の電話研修

2月4日(土)は、オーシャングループの相続勉強会でした。

今回は、相続の電話研修を代表である私、黒田がみっちりと
担当させていただきました。

2012-02-04kensyu.jpg

・・・写真をみると、お茶会に見える?かもしれませんが、4時間かけて、
みっちりと電話研修をしました。

昨年までは、コンサルティング会社で研修をしていたので、司法書士、
税理士、行政書士の先生やスタッフを対象に実施していたのですが、
今年からは、オーシャングループのメンバーを対象に開催していくので
余計に気合いが入ってしまいました。

この2〜3年で、全国に相続サイトが一気に増えたように思います。

しかし、どれくらいの事務所様が相続サイトからの受注導線をキッチリと
押さえられているでしょうか?
私の考える、インターネット経由でのマーケティングにおける受注導線は
下記のように考えております。


ホームページからの反響率: 2〜3% ※ユニークユーザーに対する数値

問い合わせからのアポ率: 50〜60%

面談からの受注率: 60〜70%


つまり、月に500人がサイトに訪問しているとすると、10〜15本の電話が
鳴って、お問い合わせのお電話から、6〜9件が相談につながり、
面談から4〜6件がお仕事の依頼につながるという流れです。


たかが、電話対応と思うかもしれませんが、この電話対応からのアポ率が
通常の事務所では20〜30%である事でしょう。オーシャンは、開業以来、
50%を切った事がありません。

ちなみに、私自身は80%を超えるアポ率になっています。
つまり、トレーニングすれば、キッチリと改善ができるのです。

こういう、ひとつひとつのプロセスをいい加減には出来ませんね。

電話対応の次は、面談での営業研修です。
これは、昨年から継続して、名古屋の司法書士法人様が圧倒的に
ナンバーワンの営業成約率を誇っています。

常に、面談からの受注が70〜80%ちかくあると思います。

最近では、債務整理であっても、過払いになるものが少ないので、受注率が
50〜60%になって来ているというのに、驚異的な数字ですね。

ここの司法書士法人様は、債務整理の売上が2000万減っても、
ホームページ経由での相続で、減った分の2000万を新規に作り出して
しまった、司法書士業界でも異例の成功事例を作り出しています。

オーシャンも負けてはいられませんね!

ありがとうございました。

posted by 行政書士,司法書士,マーケティングコンサルタント 黒田泰 at 22:56 | 毎日がイキイキワクワク! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ ←ランキングにご参加お願いします  人気ブログランキングへ ←ランキングにご参加お願いします
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。